A Future for Memory: Conversations with Masao Okabe and Chihiro Minato

A Future for Memory: Conversations with Masao Okabe and Chihiro Minato
『記憶のための未来』展: 岡部昌生・港千尋対談

Tuesday, May 18, 2021 | 7-8:15 PM (Pacific Time)
Wednesday, May 19, 2021 | 11AM-12:15PM (Japan Time)
5月18日(火)午後7時(カナダ太平洋時間・サマータイム)
5月19日(水)午前11時(日本時間)

Join MOA for a virtual conversation with Masao Okabe and Chihiro Minato—featured artists in A Future for Memory: Art and Life After the Great East Japan Earthquake, facilitated by exhibition curator Fuyubi Nakamura.

The conversation (pre-recorded in Japanese, with English subtitles) will be followed by a live Q+A session with Chihiro Minato (in English).

Register Here: https://ubc.zoom.us/meeting/register/u5Irf-qspzwrHNQxMkyQhy2_v68JDlV94ZXZ

『記憶のための未来』の出展作家、岡部昌生氏と港千尋氏による対談です。展覧会担当キュレーターの中村冬日が進行役をつとめます。

対談は事前に録画されたもので、日本語で行います(英語字幕付き)。対談後には、港千尋氏がライブで英語による質疑応答を行います。

登録はこちらから


The artists will discuss their artistic practices and involvement in the aftermath of the Great East Japan Earthquake in 2011, and provide background for their works on view in A Future for Memory. Both artists have collaborated on many projects including, Is There a Future for Our Past?: The Dark Face of the Light, which represented Japan at the 52th Venice Biennale International Art Exhibition in 2007.

The conversation (pre-recorded in Japanese, with English subtitles) will be followed by a live Q+A session with Chihiro Minato (in English).

Masao Okabe is an artist based in Hokkaidō, and has continued to create works that evoke memories inherent in objects through traces left by places and time, using various techniques including frottage. He has participated in major international exhibits, including the Venice Biennale, and collaborated in many projects.

Chihiro Minato is a photographer and explores themes of image development and memory, and engages in a diverse range of activities that include art making, writing and curation. Minato is Professor in the Department of Information Design and a member of the Institute for Art Anthropology, Tama Art University, Tokyo.

Dr. Fuyubi Nakamura is a sociocultural anthropologist and Curator, Asia at the Museum of Anthropology at UBC. She is the curator for A Future for Memory, which derives from the past ten years of her engagement with the disaster region.

Co-sponsored with the Museum of Anthropology at UBC.

記憶のための未来』の出展作家、岡部昌生氏と港千尋氏による対談です。展覧会担当キュレーターの中村冬日が進行役をつとめます。

今回の対談では、東日本大震災後の作家としての取り組みや被災地との関わりについてお話しされます。また、『記憶のための未来』展での作品の制作背景にも言及されます。岡部氏と港氏は2007年開催の第52回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展での『私たちの過去に、未来はあるのか The Dark Face of the Light』展をはじめ、様々なプロジェクトを共同で行ってきました。

対談は事前に録画されたもので、日本語で行います(英語字幕付き)。対談後には、港千尋氏がライブで英語による質疑応答を行います。

岡部昌生(おかべ まさお)北海道在住のアーティスト。フロッタージュをはじめ、さまざまな手法で場所や時が記す痕跡からモノに内在する記憶を想起させる表現をつづけてきた。ヴェネチアビエンナーレなどの国際展、市民とのコラボレーションも多数実施。

港千尋(みなと ちひろ)写真家。イメージの発生と記憶などをテーマに制作、著述、キュレーションなど広範な活動をつづけている。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授および芸術人類学研究所所員。

中村冬日(なかむら ふゆび)博士 社会文化人類学者、ブリティッシュ・コロンビア大学人類学博物館(MOA)アジア担当キュレーター。『記憶のための未来』展担当キュレーター。当展は中村の震災後の被災地での活動がきっかけとなっている。

共催:ブリティッシュ・コロンビア大学人類学博物館(MOA)