Tenth anniversary of the Great East Japan Earthquake (Higashi Nihon Daishinsai)

View of the Pacific Ocean from the Iwate Tsunami Memorial, Rikuzentakata, Iwate Prefecture. December 2019. Photo: Fuyubi Nakamura
岩手県陸前高田市 いわてTsunamiメモリアルから眺めた太平洋 2019年12月
撮影:中村冬日

The Centre for Japanese Research marks today the tenth anniversary of the Great East Japan Earthquake (Higashi Nihon Daishinsai). After ten years, the recovery process is still ongoing and continues to impact many through a loss of livelihood and displacement, but also through forms of revitalization and renewal.

 

CJR organized and hosted a variety of perspectives on the triple disaster, starting with a forum on Japan disasters on March 17, 2011 and every year thereafter, including such events as a poetry reading by Yoshinaga Sayuri with Sakamoto Ryūichi in 2016, and “The Politics of Invisibility: Fukushima, 6 years after 3.11.” This year the anniversary is marked by an exhibition at MOA, “A Future for Memory: Art and Life after the Great East Japan Earthquake,” February 11–September 5, 2021 and an online tour of the exhibition on 3.11 itself, as well a panel discussion “Ten Years after Fukushima: Commemoration and Lessons for the Future” on March 17.

 

Today, we are reminded of the immense damage left by 3.11, the resilience of those impacted, and our connections to Japan across the Pacific.

 

東日本大震災から、本日3月11日で10周年を迎えます。10年経ったとは言え、いまだに被災地での復旧作業は続いており、生活基盤を失ったり避難生活を余儀なくされた多くの人たちが、復興や再生に伴う変化により、引き続き様々な影響を受けています。

 

日本研究センターでは、2011年3月17日に開催した震災に関するフォーラム以降、東日本大震災・津波・原子力事故のトリプル災害を様々な視点から考えるためのイベントを開催してきました。例えば、2016年に開催した吉永小百合さんと坂本龍一さんによる詩の朗読会、2017年開催の福島の原発問題をテーマとしたイベントなどです。10周年を迎える今年は、人類学博物館で開催中の「記憶のための未来―東日本大震災後のアートと暮らし」展(2021年2月11日〜9月5日)、また本日開催される展覧会ツアー、それから来週17日には福島第一原子力発電所での事故をテーマしたパネルディスカッションを行います。

 

大震災から10周年を迎える今日、3.11によって引き起こされた被害の大きさ、そして復興へと立ち向かう被災者の方たちのこと、また太平洋を越えた日本とのつながりに思いを寄せます。